This Archive : 2011年01月23日

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情熱。

2011.01.23 *Sun
こわい話です。
こわいのは、自分の年齢です。
なぜなら、20年も前の話だからです。涙

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ワイマラナーとの初めての出会いは、18歳の時。
研修旅行先のニュージーランドのファーム(牧場ね)。

3泊のファームステイが必須だったので、
数あるホストファミリーの中から、学校側にたまたま割り当てられて滞在したお宅。
優しいご夫婦と、3人の子供達。そして1頭のワイマラナー。

家族だけで運営する小さなファーム。
小さいったってでかいよ。
ニワトリ小屋に入り、ニワトリを指差し何かしゃべってる子供達の話を、何とか理解しようと集中してた時。

いつのまにか私と3歳の子の間に灰色のデカイ犬が・・・

それが初めて見たワイマラナーの姿でした。

薄暗いニワトリ小屋に突然現れた、初めて見る犬。
よそ者の私のにおいをチェック。
頭を撫でると私の顔を見上げた。
なんかドキドキした。笑

羊たちの方へ向かう時は小さな子供達と同じペースでぴったり横を歩き、
家へ向かう時は玄関の外で待ってるお母さんの姿を見つけ、全速力で丘を駆け下りる。

とんだり跳ねたりして家族を笑わせる。
家族が私達を連れて車で出かけると、走って追いかけてくる。

マッチョで明るいストーカー。
ジークやコロ君と同じくらいの、大きな男の子だった。

ノーリードで牧草の山を駆け回り、夜は暖かい家の中でぐっすり眠る。
家族全員に愛されて、家族を真っ直ぐに見つめるワイマラナー。

私のように田舎に住んでいても、そんな暮らしとは程遠い。
一歩家の外に出れば、ストレスの嵐。
私と同じペースでジャニスを歩かせる。
たったこれだけのことに、どれだけ苦労したか・・・

・・・・・・・・・・・・・・・



↑これは5年前に書いたmixi日記のコピペでつ。



なかなか理想の生活とはいかないけれど、
なかなか楽しんでるんじゃないのー?

DSCN1857.jpg

DSCN1869.jpg

DSCN1877.jpg

DSCN1864.jpg

※アルテスと遊んだ某日。





恐るべき出会い。
素晴らしき出会い・・・

20年前に偶然出会ったワイマラナー。

そのおかげで、今。
わたしの傍らにはジャニスとバサコが。
2頭のワイマラナーがいるのです。




子供たちや、孫たち。
たくさんのお友達。

わたしたちの暮らし。
みんなの暮らし。

自分の家で、PCの前に座ってる。
それだけで。

ワイマラナー。を、愛してるヒトと出会える。

一歩踏み出せば。

たくさんのワイマラナーの笑顔が見られる。
いろんなことを考える。
いろんなことを学ぶ。
笑う。
怒る。


2011年。

幸せな時代じゃ。



ワイマラナーへの、わたしなりの情熱。は。
さめることはありません。




じゃっかん、こじつけではありますが・・・
UAの情熱。という歌が大好きです。

これまた数年前に、プライベートイベントでUAの生歌を聴く機会がありました。
その時、彼女は彼女の母方の故郷である奄美の島歌を歌ってくれました。

最後に、他のミュージシャンと一緒に情熱。のセッション。
まぢでーーー。最高でした。

やっぱりね、ライブだよね。。。

ipotやPCやいろんな機器からじゃ、ぜーーーったいに伝わらないバイブレーションを感じるのが、ライブの醍醐味であります。

最近、とんとご無沙汰だわよ。



それにしても、UAはどんどんよくなるね。
まぢ、かっけー。2010年の情熱。











にほんブログ村 犬ブログ ワイマラナーへ
にほんブログ村

山がほしい。







スポンサーサイト
COMMENT (18)  TRACKBACK (0) 



Copyright © JANIBASA flower in the sun All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。